主婦ノート!

色々なことを整理整頓したいずぼら主婦のブログ。

食べたもの

ういろうとすあまの違い

投稿日:

スーパーでなんとなく、ういろうを買いました。

ういろうは、モチモチ?ブヨブヨ?した弾力のある食感が特徴的ですね。

 

子供の頃、こういうお菓子を家で食べたな~なんて思っていたのですが。

それはういろうだったのか、ういろうと似たお菓子のすあまだったのか…。

そもそもういろうとすあまは何が違うのか…。

 

少し調べたのでまとめてみました。

 

ういろうとすあまの違い

●材料

ういろう:米粉(うるち米、もち米)、砂糖

現在は白砂糖を使うことが多いですが、本来は黒砂糖が使われていました。

更に小豆あん、抹茶などが加えられることが多いです。

 

すあま:上新粉、砂糖

材料はシンプル。

ピンクに着色することで、紅白のセットで縁起物として使われることがあります。

 

●作り方

ういろう

米粉などに砂糖と湯水を加えて練り、型に注いで蒸して作ります。

 

すあま

上新粉をお湯でこねて蒸した後、熱いうちに砂糖を加えてつきあげます。

その後巻きすで巻いて形を整えます。

 

ちなみに重要なのは材料より作り方。

現在はすあまと同じ上新粉と砂糖で作るういろうもあるのですが、作り方は異なるため別のお菓子として販売されます。

今回私が買ったういろうも、上新粉と砂糖で作られていました。

 

●見た目

ういろう

最初に載せた写真のような四角や、三角の形をしています。

黒糖、白、さくら、小豆、抹茶など、味の種類が豊富。

 

すあま

このようなデコボコしたかまぼこのような形か、丸や楕円のおもちのような形で販売されています。

色は基本的にピンクと白のみ。

着色してあるだけなので、味は一緒です。

 

調べて分かったこと

記憶が曖昧ですが、子供の頃に食べていたのはすあまだと思います。

あまり四角いイメージがないので、多分すあまのはず…。

作り方の違いが分かったところで改めてすあまも食べてみたい気もしますが、頻繁に食べる気にはならないです…重たいですし。

個人的には、たま~に食べたくなるお菓子のひとつです。

次回食べたくなった時は、すあまにします(笑)

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

スポンサードリンク


-食べたもの
-

Copyright© 主婦ノート! , 2018 AllRights Reserved.