主婦ノート!

色々なことを整理整頓したいずぼら主婦のブログ。

日常

機能性表示食品とトクホ(特定保健用食品)の違いについて

投稿日:2017年4月15日 更新日:

こんなサイダーを飲みました。

普通のサイダーが飲みたかったのですが、これしかなかったので購入。

脂肪の吸収を抑えるとか効果が分からないしいらないので、安い普通のタイプを置いて欲しかったです…。

 

最近「脂肪の吸収を抑え、糖の吸収を穏やかにする」と謳う飲み物が増えていますね。

お茶だけでなくジュースにもあり、普通のものよりも割高な印象があります。

 

またトクホか~なんて思いながら飲んでいたのですが、よく見るとトクホじゃない。

「機能性表示食品」でした。

何がどう違うのか、機能性表示食品とトクホ(特定保健用食品)について調べてみました。

 

機能性表示食品とは

平成27年4月から始まった比較的新しい制度です。

「脂肪の吸収をおだやかにする」

「おなかの調子を整える」

このような健康のために役立つことが期待できる機能性を表示することで、消費者が商品を選びやすくするためのものです。

 

機能性表示食品で重要なものは、

・安全性の確保が前提

・機能性の科学的根拠があること

・正しい情報を消費者へ伝える

 

販売前に安全性や機能性などの情報を国へ届け出ますが、国は審査を行っていません。

 

特定保健用食品(トクホ)とは

「コレステロールの吸収を抑える」

「体脂肪を減らすのを助ける」

このような健康の維持促進のために役立つ機能性の表示を許可された食品です。

 

販売前に安全性や機能性などの情報を国へ届け出ます。

機能性表示食品との違いは、国の審査を受けて許可が必要なことです。

 

国の審査・許可が必要なのでこちらの方が厳しそうですね。

 

栄養機能食品

調べていてもうひとつ出てきたのが、栄養機能食品。

1日に必要な栄養(ビタミン、ミネラル)などの補給、補完ができる食品のことです。

他の2つと違い、栄養を一定の基準量含んでいれば届け出なくても表示が可能です。

栄養は多すぎても駄目で、基準量には上限も決められています。

 

よく飲み物で「1日分のビタミン」などと謳っているものがありますね。

商品によっては「栄養機能食品」と書いてあります。

 

機能性表示食品、特定保健用食品、栄養機能食品

これらの食品をまとめて保険機能食品と言います。

 

機能性表示食品は検索ができる

消費者庁のHPで機能性表示食品の届出データベースが掲載されています。

機能性表示食品には必ず届出番号が書いてあります。

ちなみに今回買ったサイダーの届出番号は「A300」でした。

届出番号が分かればこちらの検索ページで簡単に確認ができ、他にも会社名や商品名などで検索することもできます。

気になる商品があったら見てみると良いかもしれませんね。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

スポンサードリンク


-日常
-,

Copyright© 主婦ノート! , 2018 AllRights Reserved.