主婦ノート!

色々なことを整理整頓したいずぼら主婦のブログ。

洗濯

カーテンの洗濯方法。シワなくキレイに。

投稿日:

昨日の記事が100記事目だったようです。

やっと100記事…どうにか続いています。

 

今日はカーテンの洗濯です。

先日カーテンを思いっきり汚してしまいました。

この醤油のキャップって引っ張ると抜けるので、使い終わった後は分別して捨てられるタイプ。

雑にやったら抜いた時にビュッ!と醤油が大量に飛んでしまいました。

その時レースのカーテンにも付いてしまいまして…

 

(画面の環境によっては分かりにくいかもしれません!すみません!)

 

寄って撮るとこんな感じです。このようなシミが大量にできてしまいました。

 

ということで、今日は天気がいいので洗濯することに。

先に衣類を洗濯、2回目でカーテンを洗濯しました。

 

カーテンの洗濯方法と干し方

1.カーテンを外す。

フックを付いたまま洗濯すると、選択中にカーテンが傷む原因になるので外します。

フックを外せない場合はカーテンを畳んだ後にタオルなどでフックを覆い、紐やゴムなどで縛ってフックがカーテンの他の部分に当たらないようにします。

 

2.カーテンを畳む。

カーテンを山折り谷折り…と、じゃばら状に畳みます。

上の縫い目に合わせて折ると畳みやすいです。

私は間違えましたが…最後に洗濯機に入るように畳む際もじゃばら状に折り畳むと良いです。

 

3.ネットに入れ、手洗いコースで洗う。

通常コースだと生地に負担がかかるので手洗いコース。

洗濯表示の1番左側に「中性」とあったら、中性洗剤を使用します。

 

このカーテンは中性以外も可能でしたが、おしゃれ着用中性洗剤にして手洗いコースで洗いたかった服も一緒に洗ってしまいました(笑)

私は分けるのが面倒臭かったのでやってしまいましたが、カーテンの汚れ具合などで判断して自己責任でお願いします!!

 

4.カーテンレールに付けて干す。

カーテンの重みでシワが伸びますし、干しやすくて取り込む手間が省けるので楽です。

窓を開けておけば乾きやすくなります。

窓を閉めて干す場合は、エアコンを使ったり扇風機の風を当てたりして乾かすと良いです。部屋干しと一緒ですね。

 

カーテンの洗濯でシワにならないコツ

・畳んでネットに入れて洗濯する

・手洗いコースで洗濯をする

・脱水はできるだけ短くする

・洗濯が終了したらすぐに干す

・乾燥機は使用しない

・干した時にシワがあったらポンポンを手で叩いたりして形を整える

 

手洗いコースは脱水が短く設定されていると思います。家の洗濯機は40秒でしたがそれで十分でした。

きれいになりました。

逆光なので何とも言えない写りですが、きれいになりました!

 

全体的にはあまり汚れていなかったので見違えるような仕上がりになってはいませんが、シミがないのは気持ちがいいですね。

他の部屋のカーテンも洗いたくなってきましたが、また後日です。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

スポンサードリンク


-洗濯
-

Copyright© 主婦ノート! , 2018 AllRights Reserved.