主婦ノート!

色々なことを整理整頓したいずぼら主婦のブログ。

料理

鮭と鱒(ます)の違いについて

投稿日:

こんにちは。

昨日と今日は嬉しい火水曜市、私は昨日まとめ買いをしました。

 

昨日はパパッと作れるものが欲しくて、焼くだけで大丈夫な魚を探していました。

味付(バジル風味)の鮭だっ!と思い取ろうとしたところ、「カラフトマス」と書かれていました。

 

カラフトマスってよく見かけますが、鮭?鱒?

正直違いがよく分からないので調べたところ、ちょっとびっくり。

まとめてみました。

 

鮭と鱒の違い

結論から言ってしまうと、明確な区分はありません。

 

英語だと、

鮭…salmon(サーモン)

鱒…trout(トラウト)

と表記され、海へ降りる魚はサーモン(鮭)、河川で生活する魚はトラウト(鱒)と区分されています。

 

鮭という魚はいますが、鱒という魚はいません

鱒は、カラフトマスやサクラマス、ニジマスなどの総称です。

昔は鱒=サクラマスでした。

それが漁業の開拓により種類が増えていき、総称になりました。

 

そしてふたつが合体した名前のサーモントラウト(トラウトサーモン)もありますね。

これは、海水で養殖したニジマスのことを指します。

サーモントラウトはニジマスの商品名で、鮭ではありません。

 

難しい、鮭と鱒…

調べていたら頭が痛くなってきました(笑)

紅鮭・銀鮭も昔はベニマス・ギンマスと呼ばれていました。

かなり曖昧な区分のようです。

 

●要点●

・鱒という名前の魚はいない、複数の魚の総称

・鮭と鱒で明確な区分はない

・英語ではsalmonとtroutで区分されることが多い

・salmon(サーモン)…海へ降りる

・trout(トラウト)…河川で生活する

・サーモントラウトはニジマス

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

スポンサードリンク


-料理
-, ,

Copyright© 主婦ノート! , 2018 AllRights Reserved.