主婦ノート!

色々なことを整理整頓したいずぼら主婦のブログ。

料理

人参の中心が白い…とう立ち?

投稿日:2017年2月28日 更新日:

先日カレーを作った時のことです。

 

人参を切っていくと…

中心が白い。

 

このようになっている人参は初めてで、ヤバい人参を買ってしまったのか…!?

と、その場で慌てて調べました。

 

中心が白い人参

食べても問題ないですが、白い部分は栄養が少なくてあまり美味しくないようです。

 

嫌なら捨ててしまってもいいと思います。

あまり良い気分はしませんが捨てると人参が足りなくなりますし、今回はカレーで煮込んでしまうので簡単に取り除いて食べることにしました。

 

大きめに乱切りした人参を半分に切って…

 

白い部分をざっくりと取り除き…

 

こんな感じです。

まだ残っていますが、これ以上小さくすると煮崩れしてなくなりそうなので断念…(笑)

カレーに入れてしまえば見た目は全然気にならないので、美味しくいただきました。

 

人参のとう立ち

今回は違いますが、もっと白くて硬くごぼうのようなものが中心にある場合、とう立ちと言うそうです。

とう立ちとは、花を咲かせるために茎が伸びていくことです。

人参のとう立ちが始まると、根の中心が硬くなっていきます。

中心はとても硬くて食べられなくなってしまいます。

 

ちなみにとう立ちの「とう」は「薹」と書くそうです。

難しいですね…しかもパソコンの画面だと大きくしないと、文字が黒く潰れてよく分からなくなってしまいます(笑)

 

人参の選び方

最後に、自分のためにも良い人参選びのポイントをまとめてみました。

 

見た目

色が濃くて鮮やか、表面がなめらかでツヤがあるもの

黒ずんでいないもの

茎の切り口

切り口の直径が小さい方が柔らかい

切り口が茶色いものは収穫から時間が経っている

 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

スポンサードリンク


-料理
-,

Copyright© 主婦ノート! , 2018 AllRights Reserved.