主婦ノート!

色々なことを整理整頓したいずぼら主婦のブログ。

料理

今更聞けない?人参のグラッセとは。

投稿日:

今日のお昼は先日書いた、坦々ざるラーメン(刻みのりマシマシ)を食べました。

辛い食べ物で食が進みますし、のりが合います♪

 

さて人参のグラッセについてです。

更新が遅れてリアルタイムな話ではなくなってしまったのですが…前回ハンバーグについて書きました。(前記事:ハンバーグ、灰汁のような肉汁?)

ハンバーグの付け合せは、人参とおくらにしました。

おくらは茹でるだけでいいとして、人参の付け合せといえば甘い人参…グラッセです。

クックパッドのレシピを参考にして作っていき…

 

それっぽくできました。

栄養があるらしい皮は剥かない方が良いかな~と思いそのまま作ったら、シワシワになってしまいました(笑)

 

とりあえずな感じで作った人参のグラッセですが、そもそもグラッセってどういう意味なのでしょうか?

調べてみました。

グラッセとは

フランス語では「凍らせる」「糖衣をかける」というのが本来の意味。

「食材を煮詰めて照りやつやを出す」という意味もある。

 

フランス料理で、人参などをバターを加えた煮汁で煮て、つやを出したもの。

同じくフランス料理で、砂糖や蜜などで煮たお菓子。糖衣をきせたお菓子。

ちなみに糖衣とは、砂糖でできた表面を覆う膜のことです。

 

人参のグラッセはバターと砂糖で煮詰めていき、照りを出すもの。

お菓子のグラッセと言えば、マロングラッセが有名のようですね。

栗を数日間かけてシロップに漬け込んだ後に乾燥させ、表面に砂糖の膜を張るもの。

栗や甘いものが好きな方にはぴったりなお菓子です。

 

人参のグラッセ、甘い人参

人参のグラッセは色が鮮やかで、お肉の付け合せにぴったりですよね。

最初に材料入れて煮込むだけなので、その間に他のことをしていればいいですし。

また作りたいと思います!

 

ただ…

私は人参のグラッセ、苦手です。

甘い人参が苦手というより、人参の味が少し苦手。

嫌いではないから他の食材と混ざっている料理なら平気ですが、グラッセは味付けが薄めですし単体でガツンと来るので…(笑)

子供の頃はそんなことなかったのですが、悪い方に味覚が変わったようです。

この歳で克服、できるでしょうか…。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

スポンサードリンク


-料理
-

Copyright© 主婦ノート! , 2018 AllRights Reserved.