主婦ノート!

色々なことを整理整頓したいずぼら主婦のブログ。

食べたもの

ナタデココの原料と栄養とは

投稿日:2017年5月16日 更新日:

私はナタデココが大好きです。

スーパーのヨーグルト・ゼリーコーナーに置いてあるので、時々買って食べています。

味というより、独特の食感が好きなのだと思います。

 

この間買ったナタデココ。

 

(なんだか上手く撮れないですね…)

いつもヨーグルトなどには入れず、そのまま食べています。

個人的にシロップは甘いタイプが好きで、このナタデココは丁度良かったです。

 

食べていてふと気になったのが、ナタデココについて。

なんで「ナタデココ」っていう名前なんだろう?

原料や作り方、栄養はどうなのかな…?

色々気になったので、調べてみました。

 

ナタデココとは

ナタ・デ・ココ…nata de coco(スペイン語)

ナタ…液体表面の皮膜

ココ…ココナッツ

スペイン語で、「ココナッツ水表面の皮膜」ということですね。

 

フィリピン発祥の伝統料理。

ココナッツ水にナタ菌を加えて発酵させ、固まったところを四角に切って食べます。

 

日本では1970年後半、フルーツ缶に入れたのが最初とされています。

最初はあまり一般的になっていませんでしたが、1992年以降にファミレスのメニューで使われたり、マスコミで大きく取り上げられたりして大流行、今ではすっかり一般的な食品になりました。

 

ナタデココの原料と作り方

必要なもの

・ココナッツミルク

・ナタ菌

・砂糖またはシロップ

 

1.ココナッツミルクにナタ菌を加える

2.約2週間発酵させる

3.表面数センチが固まったら取り出す

4.お湯で煮る(酢酸が出るので取り除く)

5.4の時点で砂糖を入れるか、取り出してからシロップに漬ける

6.さいの目に切って完成

 

※調べた情報をまとめただけなので、自己責任でお願いします…。

 

まずナタ菌の入手方法が不明です。

しかも発酵させないといけないので、難易度が高いです。

 

ナタデココの栄養

ナタデココは特別高い栄養価がある訳ではありません。

ただ100gあたり約73kcalと低カロリーですが、食物繊維が豊富。

低カロリーでも食べ応えがあるので、ダイエット食品として使われることもあります。

 

水分たっぷり、食物繊維が豊富。

凄く便秘に効きそう…というか効くようです。

便秘に効けば腸内環境が良くなる…つまり美肌効果も期待できてしまう訳ですね!

ヨーグルトと一緒に食べたら更に効果がありそうです。

 

逆におなかの調子が(ゆるい方に)悪い方、食べたものに影響されやすい方は食べすぎに気をつけた方がいいかもしれません。

昨日のおやつに1パック全部食べたせいか、今日はお腹がゆるめでトイレに何度も行ったので……汚い話ですみません。

何でも体調に合わせて適度に摂るのが1番ですね~…。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

スポンサードリンク


-食べたもの
-

Copyright© 主婦ノート! , 2018 AllRights Reserved.