主婦ノート!

色々なことを整理整頓したいずぼら主婦のブログ。

料理

なめ茸の名前の由来について

投稿日:

今更ながら、なめ茸を初めて作りました。

基本の調味料は醤油。後は砂糖やみりん、お酒などを加えて煮詰めるだけ。

とっても簡単に作れますね。

 

ただ今回は初めてですので、少量で作ってみました。

作った直後に食べた時は「なめ茸ってこんな味だったっけ…?」と困惑。

でも時間が経って味が馴染んだのか、翌日食べた時には「なめ茸だ!」と納得しました(笑)

 

当たり前のように「なめ茸」と呼んでいますが、どうしてそう呼ばれているのか気になり調べてみました。

 

なめ茸の名前の由来

「なめ茸(滑茸)」は色々なきのこの別の呼び方。

特定のきのこを指す呼び名ではありません。

地域によって違うきのこを指すことがあり、エノキの別名でもありますが、なめこの別名でもあります。

 

商品名としての由来

信濃産業 千曲なめ茸 400g

 

えのきを醤油で炊いたものは、どのメーカーも「なめ茸」として販売していますね。

1958年頃、京都の「錦」という料亭が作ったものが元とされています。

それが「なめ茸」として広まっていき、現在に至ります。

 

美味しくできたのに…

ちなみに今回作ったなめ茸。

初めてでしたが一応なめ茸らしい味に仕上がったので、旦那に食べてみる?と勧めたら…

「歯にはさまるからいらない」

と、拒否されました!!

すっかり忘れていましたが、細いもの嫌がるんですよね…豆苗とかも。

ということで1人で頂きました。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

スポンサードリンク


-料理
-,

Copyright© 主婦ノート! , 2018 AllRights Reserved.