主婦ノート!

色々なことを整理整頓したいずぼら主婦のブログ。

料理

知らなかった くず餅、葛餅、久寿餅の違い。

投稿日:2017年1月29日 更新日:

くず餅ってありますよね。

時々お土産で貰って食べることがあります。

今朝くず餅を貰ったのですが、旦那に「くず餅ってどうやって作ってるの?」と聞かれ、そういえばくず餅のことを全然知らないな…と思い調べました。

 

案の定、知らないことばかりでした…。

 

葛餅と久寿餅の違い

両方とも読みは「くずもち」ですが…

 

葛餅

葛粉から作る。見た目は透明~半透明。

葛粉…秋の七草の一つであるマメ科の植物「クズ」の根のでんぷんを精製して作ったもの。

 

久寿餅

小麦粉を発酵させたものから作る。見た目は白い。

 

どちらもきな粉や黒蜜をかけて食べる。

久寿餅は江戸時代後期の関東で作られたもので、葛餅とは別物

神奈川県川崎市の川崎大師

東京都大田区の池上本門寺

東京都江東区の亀戸天神社

こちらの名物になっているそうです。

 

 

この違いについて知りませんでした…。

多分貰って食べていたのはいつも久寿餅でした。

普通の葛餅をよく知らないけど、久寿餅という言葉も知らず。

くず餅=葛餅=白い

みたいな認識で混同していました。

 

しかも地方によって作り方が違うとかではなく、全くの別物。

赤味噌や八丁味噌の話みたいな少しややこしい違いではなく、作り方や歴史的経緯など全く違うそうです。

 

葛餅、久寿餅の作り方の違い

葛餅

葛粉を水で溶き、砂糖を加えて火にかける。

火にかけながら透明感が出るまでよく混ぜる。

バットなどに流し込み、冷やして長方形に切る。

 

久寿餅

小麦を乳酸菌で発酵させ、小麦でんぷんを作る。

(お店では1年以上発酵させていることもある)

お湯を加えて濃度を調整した後、蒸し上げる。

 

葛餅、久寿餅、違いが分かって…

今回調べて本当に良かったです。

かなり勘違いしていたことも分かりましたし…。

 

とりあえず久寿餅を美味しく頂きました。

 

違いが分かったところで今度は葛餅を食べたいですね。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

スポンサードリンク


-料理
-

Copyright© 主婦ノート! , 2018 AllRights Reserved.