主婦ノート!

色々なことを整理整頓したいずぼら主婦のブログ。

日常

子供の日の由来について。端午の節句とは。

投稿日:

GW後半、今日から本格的に混雑しますね。

 

5月3日:憲法記念日

5月4日:みどりの日

5月5日:こどもの日

 

このように続いていますが、今回はこどもの日に着目。調べて簡単にまとめました。

 

こどもの日の由来とは

1948年に制定された国民の休日。

5月5日は端午の節句でもあります。

祝日法第2条によると「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」という日です。

 

「こども」ということですが、鯉のぼりを飾ったり五月人形を飾ったり…と、男の子のための日という印象があります。

それは古来からある端午の節句が由来でした。

 

端午の節句とは

五節句(季節の節目となる日)のひとつ。

端午の「午」は午の月(5月)と午の日を、「端」は始まりを指します。

5月最初の午の日を節句としていましたが、5が重なる5日が節句になったと言われています。

昔は女性の節句でしたが鎌倉時代頃から変化していき、男の子の成長を祝い出世と健康を祈る節句となりました。

 

端午の節句の風習

・こいのぼりを飾る

・鎧兜や刀を飾る

・五月人形を飾る

・柏餅を食べる

 

柏は新芽が出るまで古い葉が落ちないため「家系が絶えない」という意味を込めた縁起物として食べられています。

 

ちなみに五節句は以下の通りです。

日付 漢名 和名
1月7日 人日(じんじつ) 七草の節句
3月3日 上巳(じょうし) 桃の節句・雛祭
5月5日 端午(たんご) 菖蒲(しょうぶ)の節句
7月7日 七夕(しちせき) 七夕
9月9日 重陽(ちょうよう) 菊の節句

 

 

…ということでした!

これで予習はバッチリ…と言いたいところですが、子供がいない私にはあまり意味がありません(笑)

でも知っておくことは大切ですからね…。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

スポンサードリンク


-日常
-

Copyright© 主婦ノート! , 2018 AllRights Reserved.