主婦ノート!

色々なことを整理整頓したいずぼら主婦のブログ。

日常

ビーフジャーキーといえばテング。最安値はどのこなのか。

投稿日:

様々なビーフジャーキーがありますが、個人的にはやっぱり…

 

テングのビーフジャーキーです。(空袋ですみません)

久々に食べました。

ホットは胡椒が効いて辛めの味、美味しい。止まらなくなります(笑)

結構硬めなので、硬いものが苦手な方は苦労するかも…。

 

そんなテングのビーフジャーキーですが、よく食べる方はどこで買っているのでしょうか…。

私が行くスーパーでは見たことがありません。

唯一実店舗で買えると分かっているのは、ドン・キホーテです。

今回もそうでした。100g、861円。

 

高いですよね~。

通販も見ましたが、やっぱり高いようです。

送料がかかると実店舗の方が安いこともしばしば。

amazon定期便だと、微妙に安くなる程度です。

 

塩分多そうだし、たまに実店舗で買うくらいが丁度いいかもしれないですね。

 

テングブランドについて

アメリカのイメージですが、何故か名前が天狗。

創業者が日系移民2世だそうです。

1921年、ロサンゼルス郊外で生まれたケン大橋さんが戦後に「天狗」という会社を興し、食品加工などの事業を展開しました。

その中で作られたのが、このビーフジャーキーです。

良質のステーキ肉にこだわり味付けにしょうゆを使うことで、日本人でも美味しく食べられるビーフジャーキーになりました。

そして現地の日系人の間で評判となり、日本人観光客のお土産となり、1983年には本格的に日本へ輸出されるようになりました。

 

このような経緯があったようです。

現在は国内でも製造しているので、お店で買えるのはほぼ国内産ですね。

 

また食べたいです…ノーマルの方も食べたい…(笑)

国内製造 テング ビーフステーキジャーキー 100g

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

スポンサードリンク


-日常

Copyright© 主婦ノート! , 2018 AllRights Reserved.