主婦ノート!

色々なことを整理整頓したいずぼら主婦のブログ。

日常

春一番とは。定義や意味について。

投稿日:

この時期になると「春一番」という言葉を耳にしますね。

 

とりあえず強い風が吹いて、徐々に春が近づいてくる・・・というざっくりとした認識をしています・・・

具体的に説明ができないので、調べてまとめてみました。

 

春一番とは

その年に初めて吹く強い南寄りの風のこと。

(南寄りの風・・・西南西~東南東から吹く風)

立春から春分の間(2月から3月半ば)に吹くが、毎年必ず吹く訳ではない。

北海道・東北・沖縄では発表されない。

 

春一番の発生条件・基準

立春から春分の間、日本海にある低気圧に向かって南側にある高気圧から強い南寄りの風(風速8m以上)が吹き込むこと

また、その時に前日より気温が上昇することが条件。

この条件に当てはまる場合「春一番」と言い、また条件に当てはまる風が吹いた場合は「春二番」「春三番」・・・と続く。

条件に当てはまる場合でも立春の前だと「春一番」に認定されない。

 

春一番の観測 2017年

2/16 九州北部

2/17 北陸、関東、四国、九州南部

2/20 東海、近畿

 

春一番の語源

1859年、長崎県壱岐郡郷ノ浦町の漁師が乗った船が強風によって転覆、53人の死者を出した。

それ以降、漁師たちがその強い南風を「春一」「春一番」と呼ぶようになり、この事件をきっかけに「春一番」という言葉が広く知られるようになった。

1960年前後から新聞などで使われるようになり、全国的に知られるようになった。

語源については諸説あり、この事件より昔から「春一番」という言葉は使われていたと言われている。

 

調べてみて

とりあえず強い風が吹いて、徐々に春が近づいてくる・・・という認識でも間違いではないですね。

ちなみに「南の風」ではなく「南寄りの風」だそうです。

南の風・・・風向が南を中心に45度以内

南寄りの風・・・風向が南を中心に南東から南西の範囲でバラついている

 

まだ春が来る訳ではない…

立春を過ぎているので暦の上では春でも、まだまだ冬ですね。

春一番が吹いた日は「日中はとても暖かく、コートを脱いで歩く人も…」なんてテレビでよく見ますが、翌日以降にはまた寒くなります。

よく「寒の戻り」と言われますね。

 

温度差が大きくなるので体調管理に気をつけたいですね。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

スポンサードリンク


-日常
-

Copyright© 主婦ノート! , 2018 AllRights Reserved.