主婦ノート!

色々なことを整理整頓したいずぼら主婦のブログ。

日常

イースター(復活祭)の意味とは

投稿日:

ここ数年、この時期になるとイースター(復活祭)という言葉を耳にするようになりました。

ただ日本では全然馴染みのないものですよね。

私はキリスト教に関係するものでカラフルなたまごが使われる…ということしか知りませんでした。

最近きゃりーぱみゅぱみゅが出演しているイオンのイースターのCMを見かけます。

正直イースターパーティーと言われてもピンと来ないです。

たまごを使えばいいのでしょうか…?

 

とりあえずイースターについて調べました。

イースター(復活祭)とは

十字架にかけられて死んでしまったイエス・キリストが三日目に復活したことを記念するお祭りで、キリスト教にとって1番重要なお祭り。

特定の日付が決まっているのではなく、春分の日(3/20または3/21)の後の最初の満月の日の次の日曜日

2017年の場合、4月16日です。

 

1番ということは、クリスマスよりも重要なんですね~!

 

イースターエッグとは

動くことのないたまごから新しい命が生まれてくることから、死と復活を象徴しています。

赤一色で染められることが多く、赤色はキリストの血の色、生命を表すことから復活の喜びを意味します。

他にもカラフルな色や模様を塗ったり、ビーズで装飾したりします。

昔はゆでたまごを使っていましたが、現在はチョコレートや砂糖細工、ジェリービーンズなどを詰めたプラスチックのたまごで代用することが多くなっています。

 

イースターバニーとは

うさぎは多産ということから、豊穣のシンボルとなっています。

よく服を着ている姿で表現され、イースターの前日には子供たちにたまごやお菓子、おもちゃなどを届けてくれると言われています。

 

私はうさぎのことは知りませんでした。

クリスマスのサンタクロースみたいですね!

 

イースター島とイースター

モアイ像で有名なイースター島。

1722年のイースターの夜、オランダ海軍のヤーコプ・ロッヘフェーンという人が南太平洋で小さな島を発見。

そのまま発見した日の「イースター」が島名になりました。

チリから西に約3700kmくらいの場所にある面積163.6km2のとても小さな島です。

一応地図を貼っておきます。

 

ディズニーのイースター

ディズニーランド、ディズニーシーでは4月上旬~6月中旬までイベント「ディズニー・イースター」を開催しています。

2017年は本日4月4日からスタート、6月14日までです。

イースター限定のパレードや装飾、グッズなどを楽しめます。

 

私は2015年の4月にディズニーランドへ行った時…

こんなものを買っていました。

手のひらサイズで中には確かジェリービーンズが入っていました。

イースターエッグの説明の「プラスチックのたまごで~」を知って思い出し、引っ張り出してきました(笑)

裏にはディズニー・イースター2015と書いてあります。

 

4、5月くらいはディズニーに行くのに丁度いいですよね。

冬は寒くて待ち時間が辛いし、夏は暑くて移動するだけで疲れますし、運が悪いとゲリラ豪雨に遭います。

私の場合距離的に気軽には行けませんが、また行きたくなってきました…。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

スポンサードリンク


-日常
-

Copyright© 主婦ノート! , 2018 AllRights Reserved.