主婦ノート!

色々なことを整理整頓したいずぼら主婦のブログ。

料理

カレーを簡単に辛くする方法、ガラムマサラ。

投稿日:2017年5月19日 更新日:

旦那が「そろそろカレーを食べたい」と言っていたので、カレーを作りました。

二段熟カレーの中辛を使いました。

二段熟カレーと言えば、

このツートンのルーが特徴的ですね。

私がよく行くスーパーには辛口がなかったので、仕方なく中辛。

辛さが全然足りないのでガラムマサラが必須です。

カレーに入れるだけ、簡単に辛くなるので重宝しています。

そして今回からガラムマサラを変えてみました。

 

今まで使っていたのがS&Bのガラムマサラ。

今回からはハウスのホットガラムマサラにしてみました。

ホットガラムマサラの方が赤っぽく、少しだけ味見したら…物凄く辛かったです(笑)

 

 

2つのガラムマサラの原材料を見てみました。

 

共通して使われているもの

唐辛子、カルダモン、クミン、クローブ、胡椒、シナモン

 

S&Bの方は、上記のものとコリアンダー(パクチー)のみ。

ハウスの方は、他にフェヌグリークリーフ、ブラウンカルダモンが入っています。

ハウスの方が辛く、カレーのルーに近い香りがします。

 

「ガラムマサラ」として売られているものは、様々な材料が使われていますね。

そもそもガラムマサラって何だろう…と思い調べてみました。

ガラムマサラとは

インド発祥のミックススパイスで、基本の材料はシナモン、クローブ、ナツメグの3つ。

他にカルダモン、クミン、ベイリーフ、胡椒などを加えて作ります。

作り方は材料をそのまま炒った後、砕いて粉になれば完成です。

 

特に決められたレシピはないので、本場インドでは家庭によって味が違います。

また「辛みスパイス」と言われることがありますが、本来は辛味よりも香りをつけるために使われます。

 

…ということです。

そしてカレーなどの煮込み料理の場合、香りや辛さがなくならないように火を止める直前に入れるのがポイント。

ちょっと早く入れていたような…次から気をつけてみます。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

スポンサードリンク


-料理
-

Copyright© 主婦ノート! , 2018 AllRights Reserved.