主婦ノート!

色々なことを整理整頓したいずぼら主婦のブログ。

料理

キャベツの黒い点の正体。

投稿日:2017年3月28日 更新日:

たまにキャベツに黒い点があることがあります。

 

こんな感じの。

見たことがある方も多いかと思います。

外葉は平気なのに突然現れたり、葉を剥いてもまた同じところにあったり…謎です。

見た目が悪いので、私はその部分だけ取って使っています。

 

一体何なのか調べてみましたが、色々出てきました。

情報が沢山ありすぎて見つけるのが大変ですね~…

今回のような黒い点は、冬どりのキャベツに起こりやすい現象のようです。

 

どのようになるのかというと…

冬の夜に冷え込んだ時にキャベツの葉に付いた水滴が凍り、キャベツの葉も凍る。

それが昼間になって急激に解凍されてしまい、一度凍った部分が壊死してしまう。

 

…ということです。

内側の葉にあると外観では分からないため、出荷時に見つけるのは難しいようです。

分からないのは困りますが、見えないなら仕方ないですね。

とりあえず新鮮で状態のいいものを買うしかなさそうです。

 

ということで!

キャベツの見分け方

葉の状態

緑色が濃く鮮やかなもの

みずみずしく光沢があるもの

 

芯の状態

切り口が変色していないもの

芯の直径が500円玉くらいのもの

みずみずしく割れていないもの

 

持ってみて

ずっしり重いもの

 

半分にカットされているキャベツの場合

葉がしっかり詰まっているもの

断面が変色していないもの

芯の高さが3分の2以内のもの(それ以上だと硬くなり苦味が出る)

 

これからは春キャベツの季節です。

良いキャベツを選んで美味しく頂きたいですね。

 

●関連記事●

食材のトラブルについて。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

スポンサードリンク


-料理
-,

Copyright© 主婦ノート! , 2018 AllRights Reserved.