主婦ノート!

色々なことを整理整頓したいずぼら主婦のブログ。

日常

ボタニカルの意味とは。オーガニックと何が違うのか。

投稿日:2018年1月18日 更新日:

最近「ボタニカル」という言葉をよく耳にしませんか?

 

・ボタニカルシャンプー

・ボタニカル化粧水

・ボタニカル石鹸

etc...

 

私がよく行く近所のドラッグストアには、ボタニカルシャンプーコーナーがありました。

シャンプーのCMも見かけますね。

 

シンプルで透明な容器に透明なシャンプー、白いコンディショナー。

最近の流行り。頭皮に優しそう。他よりお高い。

…というのが私の勝手なイメージです(笑)

 

そもそもボタニカルとは何なのか、調べてみました。

ボタニカルの意味とは

「植物の」「植物性の」「植物由来の」という意味です。

 

インテリアやファッションでも使われています。

植物をモチーフにした柄を、ボタニカル柄と言うこともあります。

植物由来の成分を配合しているものを、ボタニカルと言います。

 

そして調べている時に、植物由来と聞いて思い浮かんだのがオーガニック

何が違うのか調べてみました。

オーガニックの意味

「有機の」「有機栽培の」という意味です。

 

有機栽培は、化学肥料や化学農薬を使わない栽培方法です。

3年間それらを使用していない農地でないといけません。

 

有機栽培で生産された材料の成分を配合しているものを、オーガニック言います。

 

ボタニカルとオーガニックの差は曖昧

現在販売されているシャンプーなどでは、「ボタニカル」と「オーガニック」の違いは曖昧になってしまっているのが現状です。

そしてどちらの言葉も注意が必要なのは、該当する成分が配合されているというだけで、100%天然由来とは限りません。

成分にこだわる場合は、確認が必要です。

 

何が合うかは人それぞれなので、実際に試すのが1番ですね。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

スポンサードリンク


-日常
-, ,

Copyright© 主婦ノート! , 2018 AllRights Reserved.