主婦ノート!

色々なことを整理整頓したいずぼら主婦のブログ。

日常

大葉と青じその違いについて。

投稿日:2017年4月6日 更新日:

クックパッドを見た旦那のリクエストで鶏胸と大葉の料理を作りました。

 

途中の写真ですみません…完成後に撮り忘れるという痛恨のミス。

急ぎで作ったので葉の巻き方と大きさのバランスが雑ですね…(笑)

Cpicon 鶏むね肉の梅ポン照り焼き by 日清フーズ

さっぱりとしていて美味しかったです。

 

今回使った大葉。

大葉=青じそですが。

親が「青じそ」と言っていたので、私も子供の頃からずっと「青じそ」と言っていました。

料理をするようになってから「大葉」という言葉を見て、何か違うものなのかと戸惑ったのを覚えています。

 

「大葉」と「青じそ」についてまとめてみました。

「青じそ」は紫蘇の種類

食用として使われるのは青じそと赤じそです。

 

青じそ

基本的に香味野菜として使われています。

赤じそ

梅干しを作る時に使われていて、ふりかけにも使われています。

ふりかけといえば…やっぱり三島食品の「ゆかり」でしょうか。

 

「大葉」は青じその葉のこと

青じそを販売する時、葉と花穂(花がまとまって付いている部分)を区別するために、葉の部分を「大葉(大人になった大きな葉)」と呼ぶようになったことが「大葉」の由来です。

 

商品名みたいな感じですが、現在では当たり前のように青じそのことを「大葉」と呼んでいますね。

 

青じそ(大葉)の旬・選び方・保存方法

旬は6月~9月です。

温室栽培されていることが多く1年中見かけるので、分かりにくいですね。

 

選び方

・緑色が濃くて鮮やかなもの

・しなびていなくてみずみずしいもの

・黒ずみや黒い斑点がないもの

 

保存方法

コップなどの容器に水を入れ、葉を立てて茎の部分だけ水に浸かるようにします。

容器に蓋やラップをして冷蔵庫で保存、水は3日に1回くらい交換すると長持ちします。

 

●追記●

青じその保存方法を実践してみました。

 

特に夏は青じそが美味しい

夏は旬ですし、暑い時は青じそのさっぱりとした味がいいですね♪

実家に青じそが生えているはずなので、今年は様子を見てみたいと思います。

バッタの被害に遭っていそうですが…(笑)

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

スポンサードリンク


-日常
-, ,

Copyright© 主婦ノート! , 2018 AllRights Reserved.